別所温泉 大湯

木曽義仲ゆかりの湯

 信州最古の温泉地と言われる別所温泉は、北向観音や国宝八角三重塔がある安楽寺などの古刹があり、信州の鎌倉とも言われている。その中心にある外湯が大湯だ。かつて木曾義仲が愛妾葵の御前と入浴していたことから葵の湯とも呼ばれていたとか。

 そんな歴史ある温泉だが、外観の趣とは異なり、浴室は近代的なもの。内湯は6人でほぼいっぱい、露天はさらに狭く、4人も入ればいっぱいになる。

 湯は循環濾過され、消毒も施されているが、お湯は湯の花が浮き、硫黄臭がするやや黄色みがかった本物感がある満足できるもの。内湯は適温、露天はぬる目で、四方を囲まれた開放感のない露天より内湯が気持ちよく感じらた。

▲由緒ある温泉を感じさせる外観

▲由緒ある温泉を感じさせる外観

▲入口脇にある飲泉用の温泉

▲入口脇にある飲泉用の温泉
入浴料 150円
泉質 アルカリ性単純硫黄温泉
低張性アルカリ性高温泉(PH:8.92)
私の満足度
  お湯
  景色
  情緒
直近訪問日 2015年11月
HP 別所温泉観光協会
所在地 上田市別所温泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.