長嶺温泉

大衆酒場ならぬ大衆温泉

 場所は、野沢温泉へ向かう国道292号沿い。ちょうど温泉付近は、このあたりには珍しい長い直線路。北に向かって走るとちょうど3分の1あたりにでっかい看板が立っている。

DSCN4141

▲国道側から見た施設外観。屋根の看板が雰囲気を出している

 長嶺温泉は、素泊まり4000円の宿泊施設でもある。施設内に一歩踏み込むと、この値段からも想像できる大衆的な雰囲気がプンプンしている。休憩所にはカラオケがあり、ステージもある。年に何回かカラオケ大会も開催されているようだ。

 そして食事もできる。居酒屋メニューというか、宴会メニューみたいなものも揃っている。

 浴槽は10人は余裕で入れる広さの長方形の風呂。素敵なのはタイルじゃなくて木造りなところ。カエルの注ぎ口からふんだんにお湯がそそがれている。うっすらと濁っていて、アルカリ性の湯らしいぬるっとした湯ざわり。気泡も体にまとわりつく。口に含むと苦味を感じる。鮮度の良さを感じることができるいいお湯だ。源泉温度が37度ほどで、注がれる湯は加温されているから適温だ。

DSCN4133

▲食堂を兼ねた休憩室は2つ。こちらにはカラオケセットが置かれステージもある

DSCN4126

▲シンプルな内湯。ガラス張りで明るく、浴槽もゆったりとした広さ

 露天風呂もあるのだが、男湯は残念ならが、平日は午後5時から。昼は日・祝のみ。

入浴料 400円
泉質 単純温泉
弱アルカリ性低張性温泉(PH:7.9)
湧出量 L/分
源泉温度 37.4°C(気温20°C)
私の満足度
  お湯
  景色
  情緒
直近訪問日 2016年7月
HP 信州なかの観光協会
所在地 中野市田麦338

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.