地附山公園

善光寺平随一の眺望を誇る

 善光寺裏から善光寺の雲上殿へ向かう道を登り突き当たると地附山公園に至る。かつては戸隠バードラインへと繋がっていたが、大規模な地滑りを起こし、復旧できなくなってしまった。その跡地につくられたのが地附山公園だ。ここが善光寺平随一と言っていい眺望スポットなのだ。

▲公園上部から入り口付近を見下ろす。銀色に見えるのが滑り台

▲公園上部から入り口付近を見下ろす。銀色に見えるのが滑り台

▲公園入り口付近の道路から。長野市街に吸い込まれるように下っていく

▲公園入り口付近の道路から。長野市街に吸い込まれるように下っていく

 入り口のところに駐車場が設置され、そこからトボトボと歩いて最上部に登ると、そこに展望台と緑地広場がある。展望台からの眺めがすごい。合併に合併で面積も広〜い長野市だが、38万の人口を誇る長野県の県庁所在地だということを思わせる建物がびっしりと並んだ景色が広がり、模型を見ているかのように見渡せる。

 善光寺から10分もかからない立地だが、市街の喧騒とは別世界、4月中旬の土曜日に訪ねた時は、青空の広がる緑地広場には親子連れが遊び、桜のシーズンということもあり、レジャーシートを広げる若者たちもいた。日がな一日、ここで花を見ながら、いっぱいやるのは最高だろうなぁと思わせてくれた。

 展望台からは斜面の地形を利用して、途中にはいくつかの滑り台が設置されているので、それをつないで降りることもできる。この日も親子連れが楽しそうに滑り降りていた。

私の満足度
公式HP 長野市ホームページ
所在地 長野市大字上松
直近訪問日 2015年4月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.